患者・市民参画

患者・市民参画について

このモジュールでは、近年重要視されるようになった患者・市民の視点を反映した「責任ある研究・イノベーション(RRI)」の実現のため、患者・市民とのインタラクティブなコミュニケーションを推進し、臨床研究のプロトコルなどにこれらを活かすことを企図しています。

研究の初期には、再生医療等の実用化により改善が見込まれる疾患領域の患者・家族等との当事者らの意見を次のような手法で聴取します。

  • Focus Group Interviews
  • 質問紙調査

これらの結果を踏まえ、先端医学である再生医療等の社会と調和した発展のあり方を探ります。

また、再生医療等に分類される治療の必ずしも全てが有効性の確認されたものとは限らないといった点など、患者の啓発が必要な側面に対応するため、患者向けの動画をインターネット上で配信するといった試みも行います。